Life / Jan 18, 2020
「うらやましい」を追う

létt (レット)は、大阪で個人事業主・中小企業の方々向けに、 ロゴやホームページなどWEB関連の制作や名刺・チラシなどの制作を行なっているフリーランスWEBデザイナーです。

 

 

 

誰かに対して「うらやましい」と思ったこと、誰しも1回はあるんではないでしょうか。

 

 

あの人みたいに美しくなりたい。
あの人みたいに裕福になりたい。
あの人みたいに成功したい。

 

などなど、わかりやすいものもあれば、潜在的に思っているなんてことも。

 

 

「うらやましい」という感情は、
同世代や同業種または自分と近しい境遇だったり、
実現可能そうな場合にしか意外と生まれなかったりします。

 

 

ときに「妬み」としても出現する、ネガティブな印象を持たれがちな「うらやましい」という感情。

 

 

でも実は自分の進みたい方向本当に手に入れたいものを表しているケースがよくあります。

 

 

自分は何に対して「うらやましい」の感情を抱いているのか、
と客観的に追ってみると案外、そこに道しるべになるようなヒントが隠れているものです。

「うらやましい」の正体

わたしはよくYoutuberの方々に「うらやましい」という感情を抱きます。
しかし、Youtuberになりたいという気持ちは特にありません。

 

 

それなのになぜ「うらやましい」と思うのかを少し掘ってみました。

 

 

すると、自分が発信したいものを発信し、そのアイディアや発想、感性に共感する人に支持される、という部分に「うらやましい」と感じていました。

 

 

自分と同じ価値観の人たちが集まり、自分を中心としたひとつのコミュニティができていることに尊敬と憧れを抱きます。

 

 

もちろん、ターゲットを絞り、視聴者が求めている情報や役立つ知識を提供しているからこそ、支持されるので、その道のりは決して容易なものではないと思います。

 

 

それでも、自由に自分を表現し、努力し続けているその姿は、
わたしには「うらやましく」映るのです。

 

 

あなたの「うらやましい」はどこに隠れていますか?

létt(レット)は、大阪を中心にフリーランスとして
Webデザイン・ホームページ制作を行っています。

contact@lett-design.com
Copyright © létt. All Rights Reserved.