Life / Jan 26, 2020
イライラしたら・・・
イライラしたら

létt (レット)は、大阪で個人事業主・中小企業の方々向けに、 ロゴやホームページなどWEB関連の制作や名刺・チラシなどの制作を行なっているフリーランスWEBデザイナーです。

 

 

 

理不尽な人、
いつもイライラしている人、
感情に支配されて怒りを誰かにぶつけている人に対して、
なんとなく「かわいそうな人やな〜」と思ってしまいます。

 

 

そんな人に対してついイライラとしてしまうときに、
いつも思い出す言葉があります。

 

 

“Everyone is fighting a battle you know nothing about. Be kind.”

「誰しもが他人にはわからない苦悩と戦っている。優しくしよう。」

 

 

さすがに、優しくできるほどの器はありませんが(笑)イライラはしなくなります。
うらやましいな、と思われるような心に余裕のある人でありたいですね。

 

どんな人にも様々なバックグラウンドがあり、もしかしたら本人にしか分からない苦悩が裏に隠れているかもしれない、と考えると自分の心を少し救える気がします。

自分がコントロールできること/できないこと

イライラする人としない人の違いはなんでしょうか?
そもそも、イライラするときってどんなときでしょうか?

 

・電車の遅延で発車の目処が立たないとき。
・空港のチェックインカウンターでなかなか前に進まないとき。
・上司の話が長くて会議が終わらない。
・自分の意図とは違う行動を相手がとる。

 

 

日常のこんな些細なこともイライラしてしまうときってありますよね。

 

 

思い通りにいかないことにどうにかしたい!と固執するときに湧き出るイライラの感情。
自分がコントロールできない領域をコントロールしようとするとイライラに繋がります。

 

 

いっそのこと「わたしにはどうにもできない」と諦めて、
自分がコントロールできることにフォーカスすると
イライラしなくなり、自然と上手くいったりするものです。

自分の領域にフォーカスする

ストレスを溜めないようにする。溜めないためには自分のことに集中する。

 

恋愛にも通ずることですが、
自分のことに集中した方がお互いストレスなく過ごせる気がします。

 

 

強要したり束縛したところで、これまた相手の領域なのでコントロールしようとしてもできなくて余計にイライラしたりするものです。

 

 

「相手が今、どこで誰と何をしているか」よりも「自分は今、何がしたいか、自分をどのように楽ませるか」という自分の好きなようにコントロールできることに集中する方がはるかに気が楽です。良くも悪くも気持ちは伝染します。

 

 

例えばこんなときにも。

 

 

彼にかわいいと思ってもらうために、オシャレを頑張る。など原動力が相手ありきの場合。
万一言ってもらえなかったとき、こんなに頑張ってオシャレしたのに・・・という不満に変わります。
彼はオシャレをしてくれと言ってもないのに、言わないことに不満を持たれる。なんてことになりかねません。

 

 

一方、自分はこれがかわいいと思って自分の好みでオシャレをした場合。
たとえ何も言われなくても気分が落ちることはありません。言ってもらえればラッキーといったものです。

 

 

心の持ちよう次第で、機嫌のいい自分でいられるだけでなく、
良い意味で人に期待しないことで「ラッキー!自分は運がいい」なんて思えることが増えます。

 

 

イライラしてるとき、どんな顔してますか?

létt(レット)は、大阪を中心にフリーランスとして
Webデザイン・ホームページ制作を行っています。

contact@lett-design.com
Copyright © létt. All Rights Reserved.